平成30年度スタート&お花見会を開催!

平成30年4月1日(日)高野台剣友会の新たなスタートが始まりました。
今年度最初の気合の入った稽古の後は、新年度のこぶし固めも兼ねて小学校近くの千里南公園にてお花見会を開催しました。
お花見会の中では、久野先生、石田先生、宇野先生、陣内先生の4チームに分かれて景品をかけた大縄跳び対決も行われました。
日頃はビシッと厳しい先生方も大縄跳びでは少々勝手が違ったのか?先生方が引っかかると全員から総ツッコミが入りました。
結果の方は、初めてとは思えない息のあった華麗なジャンプを見せた宇野先生チームが優勝しました。
天候にも恵まれた満開の桜の下、子供も大人もたいへん盛り上がった楽しいお花見会となりました。
場所取りのご協力や差し入れ等をいただいた保護者の皆さまありがとうございました!

今年度も高野台剣友会一致団結でよろしくお願い致します!

続きを読む

飛躍を誓う、忘年会2017

恒例の高野台剣友会忘年会がチャイナテーブル千里中央店で12月9日(土曜日)に開催されました。
当日は、会員約70人が参加。最初に、菊川先生が挨拶し、先生方・保護者に感謝の言葉を、子供達には日頃の頑張りに対する労いの言葉をかけました。
石田先生の乾杯で、楽しい宴がスタート。美味しい中華料理を食べながら、それぞれに歓談したり、剣道に対する熱い思いを語り合うなどして親睦を深めました。
恒例のショートスピーチでは、子供達一人一人が、今年の反省点と来年の目標を発表しました。

「一年間を振り返り、小手面などの連続技が出せなかった。練習して出せるように頑張りたい」
「6年生なのに、下級生の手本になれなかった。手本になれるように頑張りたい」
「低学年を引っ張っていけなかった。6年生になったらリーダーシップを出して、引っ張っていきたい」
「自分自身に負けてしまって、しんどいことを避けるようになってしまった。来年は体力をつけて、市長杯でメダルを取りたい」
「練習の時に踏み込み足を使って打てなかった。来年は練習して打てるようになりたい」
「毎日、ちゃんと素振りしてなかった。来年はちゃんとするように心がける」
「選手に選んでもらったのに、市長杯は準優勝だった。来年はリーダーシップを発揮して、優勝したい」
「手と足が合わなかった。来年は手と足をなおして、試合にいっぱい出て経験を積みたい」
「左足の引付が遅くて、試合で1本取られてしまった。引付を早くして、試合に勝ちたい」
「いつも同じ内容で試合に負けているので、来年はよくして勝ちたい」
「面をうまくつけることができなくて、素早く行動に移せなかった。来年は早くつけて稽古したい」
「来年は剣道と勉強を両立させて、頑張りたい」

また、初段・二段に昇段した、小林司くん、山脇賢治くん、永松廣之助くんには「革製のつば」が、四段に昇段した西村知能先生には、皮を縫い合わせた「つば」が、五段に昇段した永松伸吾先生には、「竹刀袋」が剣友会からの記念品として贈呈されました
最後に、久野先生は「覚悟を持って、来年やっていきたい。よその道場には負けられない」と決意を語り、「大事なのは指導者・保護者・子どもたちが三位一体となってやっていくこと。高野台の子どもはとてもかわいいが、時として苦しめたり、泣かせたりすることもある。でも、このことが大人になった時に必ず生きてくる。この方針がぶれることはない。年末まで試合が続くが、結果を残すことが忘年会。競争環境の中で頑張って欲しい」と激励し、乾杯で閉めました。

続きを読む

忘年会2016

恒例の高野台剣友会忘年会が白木屋関大前店で12月23日(金・祝日)に開催されました。
当日は、会員約60人が参加。菊川先生の挨拶、宇野先生の乾杯の発声で、楽しい宴がスタートしました。
今年も高野台剣友会の1年間を振り返るスペシャルビデオが放映され、リオオリンピックのNHK放送テーマソングだった安室奈美恵「Hero」にあわせて、稽古や試合の写真が映し出されました。「市長杯団体戦優勝」や「東中本ベスト4」のシーンでは拍手が起こり、子どもたちのめざましい活躍をみんなで振り返りました。
続いて、恒例となっている「ショートスピーチ」が行われ、会員一人ひとりが今年の反省と来年への抱負を述べました。先生からは「高野台をもっと強くしていくために、先生もがんばるからみんなも頑張ってほしい」と熱いメッセージがありました。
最後に、久野先生が「12月25日の稽古納めの日に、修道館さんが出稽古にやってくる。今年の対戦成績は1勝1敗。最後に勝って、今年を締めくくろう!」と話し、乾杯して閉会しました。
img_9024
続きを読む

昇段・快気・帰国 お祝い会

市長杯優勝、東中本ベスト4、教育奨励賞受賞、全日本チャンピオン来会・・・と、このところおめでた続きの高野台剣友会。その集大成的なお祝い会を11月19日(土)に行いました。
お祝い内容は、宇野貴晶先生と陣内美枝子先生の6段昇段お祝い、伊藤哲成先生快気祝い、永松伸吾先生帰国の祝いです。陣内先生は先週末に名古屋で行われた審査会で見事6段にご昇段されました。
約50人の会員が集まり、先生方から喜びの気持ちが語られ、子供たちに熱いメッセージが送られました。
伊藤先生は「入院してた時に、心から剣道がしたいと思った。その気持ちがあったから元気になることができた」、永松先生は「アメリカでも剣道はとても人気で、剣道を通じて素晴らしい仲間と出会えた。みんなも剣道をやっていれば、そういう仲間に沢山出会える」とそれぞれ語りました。
img_8292

続きを読む

2015忘年会

恒例の忘年会がクリスタルホテル南千里で12月5日(土)に開催されました。
10月に東京にご転勤された垣下先生も駆けつけてくださいました。近況報告では、千葉県の有名道場での稽古に参加され、先日、七段の昇段試験に一発で合格した旨が報告されました。審査会の様子をプロジェクターで見せていただきました。
毎年恒例となっている来年への抱負が大人も含め会員一人ひとりから述べられた後、2015年の高野台剣友会を振り返るために、稽古や試合の写真のスライドショーが人気バンド「いきものがかり」の「風が吹いている」にあわせて放映され、会場を盛り上げました。また、山浦先生からは、子どもたち一人一人にお菓子と文房具がプレゼントされました。
最後に、垣下先生による三本締めで閉会しました。垣下先生は、明日の稽古にも参加され、子どもたちに稽古をつけてくださいます。

ken_bou001
続きを読む

おやじの会「垣下先生 送別会」

垣下忠由先生が急きょ東京にご転勤しされることになり、おやじの会と特別参加の子どもやお母さん方で送別会を行いました。
垣下先生は「まだまだ子供たちを教えたかった」と残念な表情を浮かべ、「剣を交えて”おしむ”を知る」という「交剣知愛(こうけんちあい)」の言葉を披露し、また稽古したいと思えるよう、そうした気分になれるように稽古して、強くなってほしいと子供たちに期待を寄せました。
最後となる明日4日の稽古は、高野台剣友会らしく「白いたすきをつける」特別稽古が行われることになり、垣下先生を温かく送り出す予定です。
201510kakishita05
続きを読む

久野先生御昇段祝賀会

指導主任である 久野 健 先生が錬士七段に御昇段されたことをお祝いして、6月13日(土)にホテル阪急エキスポパークにて記念祝賀会を開催しました。一昨年の菊川先生、昨年の石田先生に続く高野台剣友会3人目の七段昇段で、高野台剣友会にとって非常に喜ばしいことです。4月30日に京都府で開催された審査会で、合格率18.1%の超難関試験を初めての受審で一発合格されたということで、快挙と言えます。
余興では、10人の先生方が久野七段を相手に新日本剣道形(飲み会版)を次々と披露し、久野先生にビールをたくさん飲ませ、会場を大爆笑させました。(詳しい写真はお見せできません ^^;)
子どもたち一人一人からお祝いの言葉と今後の意気込みが伝えられ、保護者からも祝辞と日頃の感謝の気持ちが伝えられました。
久野先生には、保護者と子どもたちから花束がプレゼントされたほか、剣友会から「祝七段御昇段」刺繍入り特注袴が、指導者陣からも特注剣道着、元教え子で現在大学生の4人組から「剣ノ心」という芋焼酎がそれぞれ贈られました。
続いて、垣下先生、石田先生、菊川先生、伊藤哲成先生から祝辞が述べられました。
最後に久野先生から「今回、こうして七段を取ることができたのは、自分だけの力ではない、この高野台剣友会の皆さんや家族、仲間、両親、多くの人に支えていただいたおかげ。これまで関わった多くの人に感謝したい」と感謝の気持ちが伝えられました。
kuno0015
続きを読む

2014忘年会

忘年会がホテル阪急エキスポパークで開催されました。九州にご引越しされる丸山家の皆さんの送別も併せて行いました。
毎年恒例となっている来年への抱負が会員一人ひとりから述べられた後、丸山家の皆さんに、お花と記念品が贈呈されました。
丸山家の皆さんからは剣友会に応援用の団旗をご寄付いただきました。
丸山隆史先生は「九州で高野台剣友会に負けないぐらいの素晴らしい道場をみつけて、いつか高野台の皆さんを呼べるように頑張りたい」と述べられました。
丸山家の皆さんの新天地でのご活躍を祈念いたします。
taka20141214bonen01
続きを読む

「丸山家送別」女子会

丸山家の皆さんが12月末に九州へご引越しされるということで、高野台剣友会女子部で幸代先生と咲音さんの送別会を盛大に執り行いました。
初心者組を指導してくださった幸代先生には、お母さん方から感謝の言葉が尽きませんでした。
キャプテンでいつも明るくチームを引っ張った咲音さんへは、エールの言葉が多数送られました。
これからも剣道を続けていれば、繋がっていられると思いますので、九州でのご活躍を祈念しております。
20141115maru01

続きを読む

おやじの会「丸山先生 送別会」

主に低学年の初心者を指導してくださっている丸山先生が、お仕事の関係で一家で九州にご引越しされることになり、おやじの会で送別会を行いました。
「九州に行っても『高野台魂』を忘れることなく、剣道を続けていきたい」と力強く語ってくださり、来年は是非「九州遠征を」という話で盛り上がりました。
高野台剣友会にとっては、大きな痛手ですが、剣道を通じて、今後とも何らかの形で繋がっていけたらと思います。
「丸山先生、ありがとうございました!」

隆史先生は間もなくご引越しされますが、幸代先生と咲音さんは年末にご引越しされるということで、しばらくは高野台の稽古や試合にも出場されます。
20140928kendo01
続きを読む